• お問い合わせフォーム
  • HOME
  • 電話番号0880-63-2101
HOME >  医療システム

医療システム

医療システム

当院では、平成15年8月に外来電子カルテを、12月には病棟電子カルテを導入しました。 翌年には幡多医療ネットワークを開始いたしました。

診療情報連携の目的

  • かかりつけ医機能の補強
  • 重複診療や不要な高度医療の抑制
  • 連携による医療の分業
  • 一般病院と長期療養型病院、介護保健施設の連携

医療ネットワークの機能

幡多医療情報ネットワーク概念図

system_gainen

幡多医師会は、宿毛市内の5病院・診療所を専用回線「県新情報ハイウェイ」で結び、電子カルテをやりとりする医療情報ネットワークの運用を始めた。厚生労働省や経済産業省が、全国30カ所で推進しているモデル事業の一環で四国初。検査や投薬の重複を避けるとともに、医療機関の連携や機能分担を進める効果が期待される。

電子カルテには病歴、投薬情報のほか、エックス線やMRI(磁気共鳴画像装置)などの画像情報も入力可能。患者と主治医の了承を前提とし、転院先の病院と情報を共有したり、専門医の意見を聞いたりすることができる。
同医師会はネットワーク化により、重複診療の抑制▽情報開示による医療の質の向上▽病院間の機能分担―などを期待。「かかりつけ医」の機能を強め、地域診療所をサポートしていく。将来は長期療養型病院、介護保険施設ともカルテの共有化を進め、「1患者1地域1カルテ」を目指す。
電子カルテのやりとりは、不正アクセスなどによる情報漏えい防止が絶対条件。このため光ファイバーを基幹回線に「県新情報ハイウェイ」を民間医療機関では初めて使用し、関係機関だけが接続できるクローズドネットワークで結んだ。さらに医師会サーバーに接続するには、“鍵”となる専用のICチップとパスワードが必要とした。
ネットワークが導入されたのは、同市内の全13の病院・診療所のうち2病院(筒井病院、大井田病院)と3診療所(田村内科クリニック、奥谷整形外科、いなげ胃腸科内科)。

紹介状機能

・診療情報をMML、HL7で医師会連携サーバーに送信。
・システムが無い施設でもネットワークに参加すればWEBからの参照が可能。
当院との紹介に係わる幡多圏内の関連病院はこちらをご覧ください。

紹介状機能の流れ

電子カルテ情報の共有

・複数施設への通院履歴が参照可能。
・アクセス権に応じて、他施設での診療情報の参照が可能。

システム相関図