エントリー

森林療法 認知療法(医局)

 

先日、足摺岬まで足を延ばしてきました。目の前は全て海。水平線が端から端までみえ、地球が丸いことを再確認。岬周辺の遊歩道を散歩して帰ってきました。

少しの間日常を離れ自然の中に身を置くことで、心身共にリフレッシュ、また日々頑張るための元気が増しました。

 

それに味をしめて、次の休みには三原村の森の中を歩き回ってきました。

ところで、「森林療法」をご存知でしょうか。元々はいわゆる「森林浴」ですが、それをより積極的に医療に取り入れようという療法です。

気分の優れない人や心身ともにエネルギーが枯渇してしまった人(うつ状態と言ってもいいでしょう)、認知症などの治療にとり入れているところがあります。森に入り、その中を歩いたり作業したりすることで、心身に良い変化をもたらすことができます。「療法」としては海外から入ってきたようですが、「人間も自然の一部である」という概念は、優れて日本的、東洋的な考え方のような気もします。

 

思えば高知県は自然が豊富で、自然の中に身を置く場所には困りません。

そういえば、秋には天狗高原のその名もズバリ「セラピーロード」も訪れました。特別な場所でなくても良いので、皆さんも身近な自然に身を浸してみてはいかがでしょうか。きっと、少しだけでもエネルギーが湧いてくるでしょう。

 

 

 

 

ページ移動

ユーティリティ

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed