エントリー

冬季に流行する感染症(診療情報IT室)

  • 2020
    10/30
    13:27

 

気温が下がって空気が乾燥する冬季になると、さまざまな感染症が流行します。

 

呼吸器感染症

●鼻から喉にかけて(上気道)の粘膜に

ウイルスや細菌が感染するなどして生じる急性炎症の総称です。

炎症が生じている部位によってさまざまな症状が現れ、

重症化すると気管支炎や肺炎などを起こす場合もあります。

感染すると、鼻や喉の違和感に始まり、鼻水や鼻づまり、せきやくしゃみ、微熱などの症状が

現れ、全身状態は、ほとんどなく水分と栄養、睡眠をとって安静にしていれば

1週間程度で自然に軽快します。

 

●インフルエンザ


毎年冬になると流行するのは、季節性インフルエンザと呼ばれています。1インフルエンザウイルスに感染することで発症します。

日~3日の潜伏期間の後、まず急激なは発熱(38度以上)が生じ、

悪寒や倦怠感、関節痛などの症状が現れます。

喉の痛みや鼻水、せきなどの症状が出現したり

下痢や嘔吐などの消化器症状が現れることもあり、

普通の感冒よりも強い全身症状が現れることが特徴です。

 

インフルエンザの重症化リスクが高いと考えられる方

 ●65歳以上の高齢者

 ●乳幼児

 ●免疫不全状態の患者様

 ●慢性疾患のある人

  (呼吸器疾患、心疾患、腎疾患、肝疾患、血液疾患など)

 ●代謝異常(糖尿病など)のある方

 ●妊婦(妊娠28週以降)


 20201031013723.png

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ移動

ユーティリティ

2024年02月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed