エントリー

認定試験、頑張ってきます(訪問看護)

 

やっとその日が来ます。

本来であれば、5月であった認定試験。

合否は7月のはずでした。

しかし、新型コロナウイルス感染症拡大により、試験が延期されました。

しかも、試験日は未定。開催するのかどうかも未定。

試験が開催される事が決まっても、日時は決まらず待たされる日々でした。本当に長かった。

 

試験日は、114日です。

今年は6都市部での開催ではなく、47都道府県での試験となります。

これも、コロナの影響です。

 

私は、訪問看護師として10年近く地域で働いています。

ステーションすくもの前は、四万十市で働いていました。

そのステーションの所長が、私の今を作ってくれました。

私に、訪問看護師としての姿勢や関わりを教えてくれました。

看護の難しさや楽しさを実践の中で経験させてくれました。

 

訪問看護を探求したいと思えるような、研修へも参加させてくれました。

自発的に学べるように導いてくれました。

私が退職する際には、私の欠点をあえて言ってくれました。

私の欠点。

それは、苦手だと感じた人を意識的に避けてしまうこと、

意見が食い違う場面において、冷静に話し合う事が苦手であること。

他にもありますが、私からすると、耳の痛い話ばかりでした。

 

けれど、この時の言葉が、研修期間中の私を支えてくれていました。

何度か困難な場面がありましたが、乗り切る事ができました。

 

言葉というのは、ものすごく心を強くしてくれます。

そして、自分からすれば耳の痛い話をしてくれる人は、大切にしなくてはいけない人です。

 

この試験の合否は、なんと1224日。

コロナ禍の中でのクリスマスイブはどんな感じなのでしょうか。

 

年齢も年齢なので、多岐にわたる試験範囲に苦労をしていますが、

結果はどうであれ頑張りたいと思います。

20201031230609.jpeg

(小学最後の運動会の応援合戦で、コロナウイルスのお面を作った次男)

ページ移動

ユーティリティ

2024年02月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed