エントリー

カテゴリー「部署紹介」の検索結果は以下のとおりです。

部内勉強会(機能訓練室)

  • 2021
    05/26
    16:43
カテゴリー:部署紹介

 

今年度が始まりはや2ヶ月が経ちます。

リハ室では今年度も毎月の勉強会を行う予定です。

少しでも、患者様に良質なリハビリが提供できるように

継続して勉強会を開催していきたいと思います。

今回は、アキレス腱の保存療法、エコーを用いた治療についてお話をさせて頂きました。

 修復の過程の腱の評価をしながら再断裂に注意し運動負荷量を調整していきます。

20210526234504.jpg 20210526234505.png

 

現在、リハビリ室にはポータブルエコーを常に置いて頂いているため、

どんどん活用できるように自己研鑽に努め、

リハビリ室全体にフィードバックしていきたいと思います。

 20210526234506.jpg

5月の行事食(栄養課)

  • 2021
    05/24
    15:39
カテゴリー:部署紹介

ゴールデンウィークが終わったと思ったら、あっという間に5月も下旬です。

季節の変わり目は、体調を崩しやすいので気をつけたいですね(*^_^*)

 

栄養課では、55日に「子どもの日」、59日に「母の日」の行事食を提供しました。

 20210524233715.jpg

 <子どもの日のメニュー>

   ・オムライス  ・から揚げ  ・ポテトサラダ  ・果物  ・かしわ餅

  

今年も、折り紙でかぶとを折ってお膳に飾りました。

次の日も部屋に飾ってくれているのを見ると、とても嬉しいです♪

20210524233716.jpg

 

<母の日メニュー>

・山菜寿司   ・大豆入りかき揚げ  ・つみれ汁  ・果物(メロン)  ・手作りプリン

 

メッセージカードと一緒に、ミニブーケも添えました(*^_^*)

     次の行事食は「父の日」です♪毎年恒例のビールゼリーも頑張ります(*^^*)

本日の医局・・・院長のつぶやき

  • 2021
    05/17
    20:41
カテゴリー:部署紹介

 

現在、常勤医師8名!

当直の先生は朝から蘇生処置💦

一人の先生は他大学で3ヶ月間勉強中で7月にはパワーアップして戻られます

残りのみなさん外来業務(小児科、内科、外科)をこなしつつ、

内視鏡検査 ワクチン集団接種 訪問診療

救急車同乗実習 搬送件数も多く、8時間救急車に乗ってたそうです

現場出動3件 からの小児科講義

4月からの先生もそつなくこなしてきました

それぞれの先生がパフォーマンスUp目指して!

20210520074527.jpg

 

別れと出会いをへて(薬剤課)

  • 2021
    05/05
    10:46
カテゴリー:部署紹介

5月の連休🎏も今日でおしまい

という人も多いかと思います。

最終日はあいにくの☔でした。お出かけできず家でのんびりして連休を終えました。

 

さて、薬剤課は4月末で今まで一緒にがんばってきたスタッフが退職する事となり

そして、新たに2名のスタッフを迎える事になりました。

 

別れはやはり寂しいものですが、一緒に仕事をしてきた仲間が新たな道に進むこと

応援できればとおもっています。縁はこれからも続くのですから。

そして、これまた縁があって当院の薬剤課で働きたいと言ってくださった仲間とともに

これからも力を合わせて頑張っていきたいと思います。

20210509195354.JPG

 

今年も咲きました(訪問看護)

  • 2021
    04/29
    09:56
カテゴリー:部署紹介

20210502101331.jpeg

今年もステーションで、花を咲かせてくれました。

皆さまの中にも。

「これは。もしや。」と思っているかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

そうです。

故大井田三重先生のお見送りの時、沢山の胡蝶蘭が飾られていました。

その中の1つを葬儀の後いただき、ステーションで大切に育てています。

退職した有田さんが担当でしたが、今は私が引き継いで育てています。

 

私は故大井田三重先生から、直接ご指導を受ける事はありませんでしたが、

ステーションの所長から生前の先生のお人柄についてうかがい、

とっても大きな、広い心を持った医師だったのではないかと、想像をしています。

 

地域を愛し、地域に根ざした医療や教育に力を注がれ、

その思いは今にもつながっているのではないかと感じています。

 

植物でも愛情を込めて接すれば、その愛情に応えてくれます。

毎日の変化にワクワクします。実のところ、私が癒されていることに気がつきます。

 

訪問でも、病を抱え生活を送っている療養者さんやご家族を支えているようで、

実は私が支えられていることに気がつきます。

最期まで懸命に生きる姿を目の当たりし、強さや優しさを、かかわりの中で学んでいます。

 

新人訪問看護ナースが

「初めて一緒に同行訪問させてもらった〇〇さんのお看取りを、1人でさせてもらいました。

〇〇さんでよかったです。息子さんにも側にいてもらいながら、落ち着いてかかわれました。

〇〇さんにありがとうの気持ちでした。」

というような内容を話してくれました。

そうでした。彼女の在宅での初めての点滴も、そのかたでした。

その時も、息子さんがさりげなく見守ってくれていました。

こんなふうに、振り返えりができたことに、心があたたかくなりました。

彼女もまた、療養者さんやご家族に支えられて、看護を実践しているのだと思いました。

20210502101332.jpeg

 

患者目線でひとこと(通所リハ)

  • 2021
    04/20
    11:07
カテゴリー:部署紹介

先日、1週間ほど他院に入院してきました。

全身麻酔での手術で、たった数日不自由な時間を過ごし感じたことは、

介護を職業とさせてもらう私にとってとても糧になるものでした。

20210425111431.png

今まで、4回入院しています。

その時も、排泄介助の配慮だとか色々感じて良い経験をさせてもらったのですが、

今回もたくさん学ばせてもらいました。

細かなことなのですが…。

忙しそうな看護師さんをコールで呼ぶことはなかなかできないこと。

だからこそ、「次に来た時にこれを言おう、これを頼もう」と考えます。

することもないし動けないですから、考えてばかりです。

「この人の介護は時間がかかるのよね~。いろいろ用事を言われて帰って来れん」

なんて、言われんな…と。

あと、言葉使い。以前自部署で満足度調査を行った際

「丁寧すぎる言葉や敬語は親しみを感じない面もある」という意見をいただきました。

どちらかといえば、“いなかのおばちゃん”的な話し方をしてしまいがちな、

いわゆる言葉遣いの悪い私は“こんなんでもいいのかな”などと思っていました。

患者になってみて、同じ親しみのある言葉遣いをする看護師さんでも

良い印象の言葉遣いと嫌な印象の言葉遣いの違いを感じました。

それは、雑さと敬意です。若い看護師さんは同じ顔に見えますが、

丁寧な言葉としぐさ、お世話になる立場であっても

やっぱり倍以上年が上の自分に対しての見下したような命令口調に感じる話し方。

印象はずいぶん違いました。私の関わらせていただいている利用者様はみんな私より年上です。

敬意を忘れてはいけない、丁寧さはすぐに感じるものだと改めて感じました。

もう一つ。私の関わらせてもらう利用者様の中には

食事の際、デザートから食べ始める方がわりと多かったりします。

「デザートはあとにしませんか?」なんて声が職員から聞こえます。

手術後、食欲が戻らない中、デザートから食べてしまう気持ちが本当に分かりました。

ゼリーや果物のありがたかったこと。

他にもベッド挙上の仕方など、自分が入院患者になってみて、

身体が自由に動かせなくて感じることはたくさんありました。

今後の介護に生かしていけたらなと思います。

患者様は、いつも見ています。職員の行動、言葉、表情…。

忘れることのないように。

20210425111432.png

交流分析士のささやき・・・その3(機能訓練室)

  • 2021
    04/16
    12:17
カテゴリー:部署紹介

こんにちは、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

前回投稿日には次回私が投稿日する頃には感染症は落ち着いていると思ってましたが・・・。

再度皆様方に付きましては、自覚有る行動をとられれば幸いです。

では前回の続きになります。

私たちの思考・感情・行動の基になっているこころの中には別人が3人います。

「親」「成人」「子ども」の三人になるわけです。

少し考えてみたら親でも父親、母親の二人がいるように父性の親と母性の親二人おります。

想像がつくと思われますが父性の親は厳しく対応する親です。

また母性の親は優しく対応する親です。

どちらもコインの表側の表情で裏側は相手を見下したり

また母性の母親の裏側の表情は相手のできることを紡ぎ取る様な・・・・

このようにこころは過去に創り上げらたものでなかなか変えることができません。

人はストレスがかかった時のとっさの判断の時に無意識で反応します。

これが色々と災いを起こすことがあるのです。

人がものごとを考えるという時は必ず過去に得た知識と照合して、

自分の都合のいいように判断するのです。

例えば怪我をして泣いている子供をみる時、

「危ないことをするするからだ」と怒る親と、

「大丈夫?こんなに怪我して?歩ける?」など過度に相手を気遣う親と・・・・。

自分はどのような反応していますか?

少しそのあたり気付くことが対人関係を良くするヒントになるかもしれませんね。

・・・・・次回に続く

20210418122356.png

お花見弁当(栄養課)

  • 2021
    04/14
    12:13
カテゴリー:部署紹介

 

今年も栄養課では、患者さんに少しでも春らしさを感じていただけたらと思い、

『お花見弁当』 を提供しました。

 

メニューは

・さくら散らし寿司

・から揚げ

・ごま和え

・紅あんぺい

・沢庵

・いちご

・桜もち

20210418121336.jpg 20210418121335.jpg

 

桜が散り始めてからの提供となってしまいましたが、

患者さんにとても喜んでもらうことができました。

 

今年度も患者さんに楽しんでもらえる行事食を提供できるように頑張りたいと思います!

明日から4月です(通所リハ)

  • 2021
    03/31
    12:21
カテゴリー:部署紹介

 

桜も咲き良い見ごろになっていますね。

春は出会いと別れの季節で、院内でも人事異動がいろいろとありました。

 

20210402004255.jpg

 

令和2年度(3月)も今日で終わり、明日から令和3年度(4月)が始まります。

昨年度の通所リハビリの目標(アクションプラン)を振り返ると

新型コロナウイルスの影響で通所利用者人数が減少しました。

その事を踏まえて令和3年度の通所リハビリの目標は、

平均利用者数27人以上、御家族様への通所リハビリの事を知ってもらうために

ニュースレターによる情報発信・・・。等々を目標に立てました。

 

20210402004254.jpg

 

来年度も昨年度以上にチームで協力して

地域の皆様に良質で安全、安心の医療を継続して提供し、

目標達成に取り組んで行きたいと思います。       

頑張るぞ~(栄養課)

  • 2021
    03/25
    14:11
カテゴリー:部署紹介

 

「暑さ寒さも彼岸まで」と言うように、

春の日差しが心地よく過ごしやすい気候になってきました。 

 

桜の花や菜の花がきれいに咲いているのを観ると、

心が和らぎますね(*^_^*)

 

これから暖かくなるにつれ、厨房の中では暑さとの戦いとなってきます。

(もう汗ばむぐらいですけど…) 

 

暑さに負けないためにも、水分をしっかり摂りながら、

おいしい料理を提供できるよう、頑張っていきたいと思います。

4月には、お花見弁当を予定しているのでお楽しみに!

  20210328231231.jpg

ページ移動

ユーティリティ

2022年06月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed